居住場所も決まりいよいよ沖縄移住生活がはじまりました。

住んだ当時は、右も左はわからないですよね。

 

私の場合も、コンビニひとつもどこにあるか分からなかったですから最初は近くで見つけたときはホッとしたのを覚えています。

今回は、沖縄県内のおもなスーパーとかコンビニとかお弁当屋さんのこともまじえて紹介しますね。

イオン系列

まず大手スーパーはイオンしかありません。
えーと思う方も多いと思いますが、ほんとです。

県内には5店舗です。

イオン系列のマックスバリューが本島、宮古島、石垣島あわせて27店舗と「ビック」とういう看板でイオン系列ですが、食品などをディスカウントしているお店が本島に6店舗あります。

 

以前はダイエーもありましたが、2005年に撤退していて跡地はジュンク堂いう本屋さんになっています。

県内はイオン系列が多いですね。

私のオススメは「ビック」ですね。とにかく野菜や食品が安くて食材の買い物はここで重宝しています。

地元スーパー

地元スーパー

  • サンエー 64店舗
  • かねひで 59店舗
  • 丸大   10店舗

あと「りうぼう」「コープ」「ユニオン」などがあります。

 

地域によりますが、おおむね「サンエー」か「イオン」の利用が多いかなと。

私は地元近くの「丸大」もよく利用しています。

コンビニなど

県内には

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ココストアについては2015年ファミリマートが買収し店舗は衣替えされています。

県内ではローソンよりファミマが圧倒的に店舗数が多いですね。

 

あとですね、ついに国内最大のセブンイレブンが沖縄進出します。

県外のかたならよくご存知で大歓迎ですよね。

オリジナル商品がいいし、弁当や総菜なども美味しいです。

2019年夏ごろを目途に出店予定だそうです。

とても楽しみです。

お弁当屋さんも頑張ってます

「ほっともっと」もありますが、なんといっても街のお弁当屋さんです。

 

店舗の構えも看板のあるところから、民家の1階でがんばって営業しているところや車で移動販売しているとこがあって値段も知ってる限りでは下は250円からあります。

 

ほんとビックリです。

内地でこの値段はまず見たことがないです。

安いからといって内容が貧弱ということはないですし、それなりにボリュームがあり美味しいです。

まとめ

今回は、県内のお店などを紹介しました。

県内にはスーパーも多いし、コンビニなどもたくさんあります。

あと物価が安ければなぁと少し思います。

 

ではまた次回の機会に生活関連の他店舗を紹介できればと思います。

 

 

 

 

「「品のディスカウントストアもイオン系列で、本島に6店舗ある

当サイトもDiverを使用しています。 オススメのテーマです。 ↓↓↓
おすすめ記事