今回は、別記事で紹介いたしました「とん珍亭」がもともとあったお店で店名を「翔琉亭」へ変更したお店の紹介です。

 

長年地元の方から愛されている老舗の中華食堂のお店です。

連日繁盛されているようで、ランチタイムや夜時になると満席の状態が多いです。

この日は開店10分後ぐらいに入ったのですが、すでにお客さんが注文を終え座ってましたね。

お店の概要

店名 翔琉亭(旧 東京ラーメンとん珍亭)
住所 沖縄県那覇市鏡原町26-26
電話 098-859-2805
営業時間 11:00~翌3:00 日曜日営業
定休日 月曜日
支払い クレジット不可

ゆいレール奥武山公園駅から小禄ボーリング場方面へ最初の信号左手にあります。

駐車場はお店建物の裏に5台分ほどありますが、来店時間によりますが満車状態の可能性もあります。

 店内

店内に入ってすぐにカウンタ席が目にはいりまして、右手に座席があります。

スペースはこじんまりとして、昔ながらの中華食堂の雰囲気です。

スタッフの方の声も元気で気持ちがいいですね。

お水などの飲み物はセルフサービスで店内すぐ右手にあります。

メニュー

メニューも豊富で、全制覇するには時間がかかります。

この日注文したのは、「とんこくセット」にトッピングでチャーシューを追加しました。

 

とんこくセットは、豚骨ラーメンに半チャーハンと餃子がついてきます。

セットのお値段750円でトッピングでチャーシューが250円の合計1000円でした。

 

まず、豚骨ラーメンは麺がストレートでスープにうまく絡まって食感も良く、だし汁は豚骨がベースで塩味少し強いかなと思いましたが、全体的にはちょうど良い味に仕上がっています。

ネギとノリとチャーシューが乗っかっています。

この日は追加でチャーシューをトッピングしましたので結構なボリュームですね。

 

やはり専門店などで、食べるのと違ってこういった大衆食堂的なお店がお値段も手頃で美味しくてガッツリと頂けてとてもオススメです。

 

チャーハンは、少しあっさり目の味で日頃食べているチャーハンに比べると物足りなさはありますが、ここは好みですので私は醤油を少しかけて食べました。

餃子が3個ついてきて、アツアツをタレにつけて美味しく頂けます。

まとめ

今回紹介したお店は、以前に記事にいたしました「とん珍亭」の姉妹店的なお店です。

最近の専門店などで食べるラーメンもトッピングもされていて楽しめますが、やはり原点はこういった昔ながらの老舗店にあると思います。

 

場所も道路沿いにあり黄色看板が目印になりますので、初めての方でもすぐにわかります。

お財布に優しくかつガッツリと頂けるお店を選択するなら一度お試しください。

 

 

 

 

当サイトもDiverを使用しています。 オススメのテーマです。 ↓↓↓
おすすめ記事