今回は那覇市楚辺にある「楚辺」の紹介です。

楚辺住宅街にあって古民家を改装して作られた一度見たら忘れられないお店で、ランキングなどでも人気がある有名店です。

 

沖縄そばと海産物料理がメインで、地元の方から観光客の方まで開店から同時に次ぎから次へ来店されるほどお客さまで常に賑わっています。

今回は開店から行きましたが、タクシーやレンタカーで来られる方などで駐車場はすでにいい感じで埋まった状態でした。

こんな所からも、人気があるお店だなと納得しました。

店舗概要

店名 楚辺
住所 沖縄県那覇市楚辺2-37-40
電話 098-853-7224
営業時間 11:30~20:30(L.O) 日曜日営業
定休日 無休 正月 旧盆は除く
支払い クレジットカードは不可

 

出典元 Google マップ

空港から、車で20分ほど。

お店の外観や内観の特徴

住宅街にあって少しわかりづらい場所ですが、外観に特徴がありますのでわりと見つけやすいかもしれません。

古民家を営業用として改装してますので、店内入口も表札がかかっていて、商い中の札がなければ一見躊躇するほど普通の民家な感じです。

入口を開けるとそこで靴などを脱いで座敷にあがりますので、他店と違いもこんな所も一風かわっていて人気があるのかなと思います。

こういう所が「楚辺」の最大の特徴ですね。

 

内装も古民家らしく天井が吹き抜けになっていて高く、空間的に圧迫感もなくゆったりとした雰囲気を醸し出しています。

座敷を上がると、縦長に奥行きがある感じでテーブル席が横長にあって見かけ上ですが、相席のような感じで親近感のある感じで配置されています。

 

有名人の方の来店も多く、周りには色紙がいっぱい飾られていて誰の色紙なのか探すのも興味があって楽しいですね。

食事する前からこういう雰囲気を味わえるのも、「楚辺」店の人気がある点でもあります。

 

メニュー

沖縄そばと海産物料理というだけあってメニューが豊富です。

沖縄そばから定食もの、海鮮どんぶりまで用意されています。

夜になると通常のメニューに魚汁定食、魚のあんかけ定食、魚のバター焼き定食などの魚料理が追加されます。

あと、天ぷらからゴーヤーチャンプルなどもあります。

 

オススメは、「軟骨ソーキそば」650円で大盛だと850円です。

ソーキの噛むと肉がボロッとこぼれるほど、よく煮込んであって噛むほど肉の甘みが口の中に広がって美味しく頂けます。

そばとは別皿でソーキが運ばれてきまして、量も並みでも十分満足がいきます。

そばの出汁のほうは、あっさりとしていてソーキとのバランスがよく半端なく美味しくオススメの逸品です。

沖縄の友人もよく行くと言ってましたので、観光客向けの味付けではないのは間違いないかなと思います。

 

 

 

軟骨ソーキそば定食850円(大盛1050円)にすると、ソーキそばにジューシーともずくの酢ものなどが加わってきます。

ジューシーもまた美味しく、そばと合わさって満足感が倍増しますのでこちらのメニューもオススメです。

そばには、それぞれ定食メニューも用意されていますのでお好みのそばで注文してください。

 

まとめ

沖縄の民家を改装したとても見ため印象的な「楚辺」店ですが、お味のほうも多くの方に人気と支持されていますので、自信をもってオススメできます。

 

県内にはどのお店が一番とは言えないほどたくさんありますが、それぞれのお店の特徴やお味を支持されている方がいらっしゃいますのでなかなかランキングで選出するのも難しい部分ではあります。

「楚辺」店さんも、一度は行って頂きたいお店の中のひとつですので、お近くのお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

当サイトもDiverを使用しています。 オススメのテーマです。 ↓↓↓
おすすめ記事