今回は、10月1日に那覇の中心的な新しい玄関口としてリニューアルした那覇バスターミナルに出かけてきました。

 

那覇バスターミナルは那覇市泉崎にあって県内最大規模のバスターミナルです。

2015年より工事着工、ターミナルを閉鎖以来ようやく完成しました。

以前の那覇バスターミナルの平面的な感じから11階建ての高層ビルへと変身、OPAなどの商業施設を含む新しい県内の最大ターミナルへとかわっていました。

概要

所在地 は沖縄県那覇市泉崎1丁目20-1。

那覇バスターミナルは県内最大都市の那覇市の中心的なターミナルであり、戦前には沖縄県営鉄道与那原線として連絡線の拠点で那覇駅がありましたが、戦時中に駅は破壊され今回の工事中に発見されました。

現在の沖縄の車社会から鉄道があったなんて想像ができないほど、興味深い歴史ですね。

 

バスターミナル周辺には、モノレールの旭橋駅がありまた国道58号線も近くにありますので利便性はとてもよい環境です。

那覇空港からモノレールで旭橋駅で下車するとターミナルとは連絡橋でつながっており、そこから県内各地へ起点として観光地へ連携しているので、迷わず目的地へ行けるかと思います。

 

運行案内板も新しくデジタル表示で英語、韓国語、中国語などに対応、海外からの観光客の方にも安心してバスが利用可能なように配慮されています。

また、エリア内にはバリアフリーで施設内には待合室とか1階にはファミリーマートも併設されています。

以前は、コンビニなどもありませんでしたのでちょっとしたバス待ちでの軽い食事や飲み物などには便利です。

ちょっとしたことですが、コンビニがあるとなにかと助かりますね。

 

ターミナル以外の施設について

敷地内建物には、商業施設以外に12月から開館予定の沖縄県立図書館が建物3階から6階に開館されます。現在は那覇市寄宮にありますが、今後移転となると従来の図書館より敷地面積が2倍となり今より充実した図書館として生まれかわりますので、とても楽しみです。

 

また6階には、生活から就職まで支援する「グッジョブセンターおきなわ」があり、7階から11階までは県内外の企業が入居しています。

 

施設東側には有料ですが、約200台以上は収容可能な駐車場も併設されています。

乗り入れているバス会社や営業所

  • 琉球バス
  • 沖縄バス
  • 那覇バス
  • 東陽バス

営業所

  • 琉球バス交通那覇営業所
  • 沖縄バス那覇営業所
  • 那覇バス那覇販売所または定期観光バス案内所
  • 東陽バス那覇営業所
  • 沖縄県バス協会
  • 空港リムジンバス案内センター

など。

商業施設

建物2階から3階は、OPA「那覇オーパ」が入り、ファッションや雑貨と飲食店を中心に入居しています。

商業施設自体がまだ開業した所なので、どこへ行ってもとても綺麗なお店ばかりで楽しめますし、話題のお店やおしゃれな雰囲気のお店が多い印象でした。

 

まとめ

新那覇バスターミナルとして10月1日に開業しましたが、観光客の方から地元の方、通勤通学などで利用される方にとっても以前に比べるとはるかに利便性が整った環境になっていますので、周辺はこれから賑わうのではないでしょうか。

 

今回はリニューアルされた「那覇バスターミナル」ですが、お近くにお越しの際は一度はお寄りください。

利用される機会も今後あるかと思いますので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

当サイトもDiverを使用しています。 オススメのテーマです。 ↓↓↓
おすすめ記事