沖縄県内では麺といったら「沖縄そば」が代表ですが、やはり沖縄へ移住して最初に感じるのは「うどん」や「そば」が食べたくなるということです。

移住した当初は、近隣に手頃に食べれるうどんやそば店などがありませんでした。

 

2011年に沖縄で「丸亀製麺 沖縄美里店」が初めて進出してからは、現在では身近になり7店舗ほど展開されています。

また他社の「はなまるうどん」などもイオン系列中心にフードコート内で展開されています。

 

沖縄でも「うどん」や「そば」は認知度はありますが、まだまだ「沖縄そば」ほどは大衆的な麺ではないかもしれません。

今は各社いろいろメニューなども工夫されていますので、移住した当初に比べると地元の方もよく利用されているように感じます。

今回は、全国47都道府県や海外にも積極的に展開している「丸亀製麺」のFC店の紹介で、私自身もよく利用しています「 丸亀製麺那覇津嘉山店」へ行ってきました。

店舗の概要

店名 丸亀製麺 那覇津嘉山店
住所 沖縄県那覇市字仲井真373
電話 098-854-0250
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:30)
10:00~23:00(L.O.22:30)土日祝
定休日 年中無休
オープン日 2012年7月

駐車場もレンタルショップ「つたや」との共有スペースになっていますので、比較的駐車は可能と思います。

全店舗

丸亀製麺糸満店 沖縄県糸満市字潮平782-1
098-994-0036
丸亀製麺南風原店 沖縄県島尻郡南風原町字兼城256-1
098-882-6700
丸亀製麺宜野湾店 沖縄県宜野湾市字大謝名235-2
098-898-6135
丸亀製麺イオンモール沖縄ライカム店 沖縄県中頭郡北中城村アワセ土地区画整理事業地内
098-930-5108
丸亀製麺北谷店 沖縄県中頭郡北谷町美浜3-6-3
098-936-1310
丸亀製麺沖縄美里店 沖縄県沖縄市美原2-16-18
098-937-1973
丸亀製麺那覇津嘉山店 沖縄県那覇市字仲井真373
098-854-0250

丸亀製麺の簡単な概要

創業者は四国香川県出身の方で、讃岐うどんとは幼い頃より親しんだこともあり全国的に讃岐うどんを広めたいとの気持ちから全国へ展開されてきました。

 

屋号の「丸亀製麺」は、香川県の丸亀市はうどんの聖地のようでその名前にちなんで名付けたようです。

なので丸亀市とはとくに関連性があるというのではなく、現在も丸亀市に店舗はありません。

あと、世界13の国に海外だけで213店舗展開しています。

メニュー

店内はセルフスタイルになっていて、お好みのうどんの種類を選びその中から並み、大、得の中から選択して冷たいうどんもしくは温かいうどんかを注文します。

うどんを受け取ると次に天ぷら、いなりやおむすびコーナーでお好みを選択してお皿に取ります。

以上をお会計をしたら最後に、好みの薬味とかけうどんのダシを入れて席について食べます。

 

今回注文したのは、温かいかけうどんの並みに、ねぎと天カスをたっぷり入れて、いなり寿司にイカ、エビ、鶏の天ぷらをトッピングして税込みで900円でした。

かけうどんの並みが一杯290円と安いですが、なんだかんだでトッピングしてしまうと結構なお値段になってしまいますね。

 

お味のほうは、麺は店内で打ち立てますので、打ちたての麺と即茹で新鮮なうどんの小麦粉のいい香りがほんのりと匂います。

コシもありで新鮮なうどんを食べてる実感がします。

天ぷらは、お好みで席に備え付けのウスターソースをベースにしたカツオだし風味の「だしソース」をかけて食べるといっそう美味しく頂けます。

 

まとめ

今回は、大手「丸亀製麺」の紹介でしたが、沖縄にいると日頃は沖縄そばかラーメンなどはよく食べますが、うどんとなるとあまり食する機会がないと思います。

 

丸亀製麺の打ち立ての麺は新鮮で美味しく、うどんを食べるならオススメです。

「うどん」も国内の人気の食文化ですので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

 

 

 

 

当サイトもDiverを使用しています。 オススメのテーマです。 ↓↓↓
おすすめ記事