沖縄移住を決意したら、次は家探しですよね。

まず右も左もわからない状態ですので、ほんと悩みました。

 

住み地域が特定できもてもその地域で近くにスーパーがあるのかバス停は近くにあるのか、子供がいらっしゃる家庭であれば転校先の学校のこととかいろいろと条件を考えますよね。

 

遠隔地なので、家を直接見て探すことができませんので実際はネットで探すことになります。

そこから商談がはじまり実際に現地で見学から賃貸または購入の流れになると思います。

ネット上にはどんなとこがあるの

大手総合サイト
SUUMO(リクルート)   アットホーム   CHINTAI   Yahoo不動産   楽天不動産

沖縄の不動産情報サイト
うちな~らいふ      不動産情報誌すまいずむ          住宅情報誌「週刊かふう」

大手仲介会社
大東建託   東建コーポレーション   アパマンショップ   エイブル

ちなみに私は、アパマンショップからネット申し込み後に現地でスタッフ同行で見学しました。

 

その時に5件ほど見学して現在の家に決めました。

特にオススメとかありませんが、各社のHP上でしっかり説明記載されていることがポイントです。

少し注意点

あと電話で実際確認して対応がいいか悪いかなども事前にされるのもいいかもです。

不明な点などを電話して、電話対応がしっかりと出来るかどうかの点も確認してください。

沖縄に限ったことではないですが、いい加減な対応するとこは、もれなくハズレですので気を付けてくだい。

ここ意外と重要です

契約する際に必要書類の確認

ここをキチンとしておかないと、沖縄と内地ですので書類に不備があった際はやりとりだけで予想外の時間がかかり、引っ越しの際、運送業者との段取りに支障が出ることもあります。

ネット上で見た写真とは実際みた感じでは相違してることがあるので、検索する際は、希望条件にあう物件の候補を何件か用意してください。

実際、現地で視察する際は気になることは担当者にどんどんツッコミましょう

住んでから違ったでは遅いですので。

  • 例として、近所にスーパーは近いのか
  • 学校はどこにあるのか
  • 交通の利便性
  • 敷金や礼金の詳細など

私の場合、県内に親戚か身内が必要でその方の連帯保証人をつけてほしいと言われて困りましたね。

いませんでしたので、私は保証会社をつける必要があるとのことで保証会社の審査がありました。

 

ちなみに聞いた話だと内地の方に賃貸すると家賃滞納などで内地に帰られた場合、滞納分の回収が困難だそうです。

なので、県内の身内をつけてほしいそうです。

なんかほんとかなとも思いましたが、あり得ない話ではないので理解しました。

まとめ

家探しのざっくりとした流れですが、賃貸または購入にしても契約成立してから不備があったり思っていた内容と相違があったりしてはせっかく楽しみに移住してきた事が半減しますよね。

 

いったん住むといざ思っていた内容と違ったとなってもそうそうは簡単に引っ越しも出来ませんので、慎重に調査してくださいね。

 

あと補足ですが、ネットでちまたに沖縄の不動産業者はいい加減な業者が多いとか約束を守らないとか信用できないとかの意見もありますが全部がそうじゃありませんので誤解のないようにしてくださいね。

キチンとされている業者の方も、もちろんいらっしゃいますので安心してください。

 

 

 

決められた時間は守らない、約束事も守らない、仕事も雑で信用できない決められた時間は守らない、約束事も守らない、仕事も雑で信用できない

当サイトもDiverを使用しています。 オススメのテーマです。 ↓↓↓
おすすめ記事